ギフテッド/トレラ

代表ブログ

過去の投稿

  • 2018年4月10日
  • ストレスに振り回されない。発達障害児の新生活。保護者が不安になりすぎると伝染(誤学習)する。

  • みなさん。ご入学、ご進級まことにおめでとうございます。

    発達に凸凹があるなし、関係なく、『うちの子、新しい学校、環境に馴染めるかしら?』とどの親も不安に思う物です。

     

    ただ!!

     

    過剰に反応しすぎな保護者が多いのも事実です。

     

    新生活が始まれば、先生がかわる。教室がかわる。教科がかわる。

     

     

    色々なものが変化するわけです。だから単純に慣れたルーティーンから、新たなルーティーンへ移行するためには、順応性が低い子は手こずるわけです。

     

     

    だからいつも以上にミスが出る。この時点ではストレスは当然、発生しますが、ストレスが原因で行動が変容しているわけではないのです。

     

    でもママたちは、進級しただけでより一層の成長を期待してしまっているんですよね・・・。

    つまり

     

    子)環境適応が苦手でミスが出る。

    マ)学年が上がって出来ることが増えると期待している。

     

     

    そこにギャップが生まれ、出来るはずの事ができないので、それは! 『ストレスが原因』となってしまうのです。

     

     

     

    ※私は、新生活で子どもたちにストレスがない。とは言っていません。 

     

     

     

    ストレスは発生していますが、まだ悪く作用するほどではない。と言っているのです。

     

    日本人は『ストレス』と聞くと、全て悪。一切排除しなくてはならない存在とされていますが、実際には全く違います。

     

    クリックすると新しいウィンドウで開きます

     

    この方をご存じでしょうか?

     

    この方は、『ストレス』という言葉を世に生み出した張本人。ハンス・セリエ博士です。

     

     

    博士がストレス学説を発表する以前は、体調の不良は全てウイルス等による外的なものに感染して発生すると考えられていました。

    (というかそうらしい。詳しくは医学系の文献に当たってください(..;)

     

    そして博士が見いだしたストレス学説がこちら↓

     

    クリックすると新しいウィンドウで開きます

     

     

     

    つまり。人間はある程度のストレスを受け、それに抗うように成長する。ただし、強いストレスを長期間浴びると、細胞は変異し体調を崩す。

     

    当たり前といえば当たり前ですよね。我々は母胎にいるときは羊水に守られプカプカと浮いている。それが出産後、初めて重力にさらされ、それに抵抗するために筋肉や骨格が発達していく訳です。

    それが証拠に、宇宙ステーションに長期滞在している、宇宙飛行士は地球に帰還後、歩けないほどに筋力が低下してしまいます。

    (現在は、かなり改善され宇宙にトレーニング施設、つまり筋肉にストレスを与えるところが出来ているそうです。)

     

     

    そのストレス学説が日本へたどり着く頃には、「病原菌に感染してもいないのに細胞を変異させるストレスというものが存在するらしい。ストレス憎し!けしからん!」となってしまったようです。

     

    本当はストレスは、子どもを成長させる大きな要因なのです。

     

     

    かわいい子には旅をさせよ。とはよく言ったものですね。

     

    かわそうだからと、転びそうな小石を先に取り除くのは、子どもの成長を阻害する事に繋がります。

     

    また、何かあるたびに『ストレスが原因では??』と不安になることもよくありません。

     

     

    子どもは敏感です。天使ではありません。常に隙を狙っています。

    『あっ?ママは新学期に入ってから妙に甘いぞ!』とすぐに見透かされてしまいます。

    心配すればするほど『先生が』や『お友達が』などとネガティブなことを口にするようになります。

     

    これを誤学習と言います。

     

    もう一度言います。適度なストレスは子どもの成長にとってとても重要なものです。

     

    新学期、泣いているわが子を見たら心の中でこう唱えてください。『人生のスパイスを楽しんでいるのね』と。

    もちろんこの言葉も私のオリジナルではありません。

    クリックすると新しいウィンドウで開きます

     

     

    安心してください 笑

     

    堂々としましょう。弱気は伝染します。ママは便所の100ワット(無駄に明るい)が一番です。

    大丈夫。大丈夫。

    わが子は泣いて強くなります。

     

     

    ママの方が泣きたくなったらいつでもご相談ください。

     

    明日が楽になりますように。

  • 2018年4月6日
  • 発達障害の基本的理解。ASD(自閉スペクトラム症)、ADHD(注意欠如・多動性症)、LD(学習障害)わが子を知ることで生活はグッと楽になる。

  • みなさん、わが子のことどれぐらいちゃんと理解していますか?

     

    いやほんとに。

    私は障害のあるなしに関わらず、全てのお母さんに考えて欲しい。

    なんとなくではなく、きっちりその子を理解した上で子育てをしてほしい。

     

    私のところに来る、子育てのそうだんの90%以上は男の子です。

    脳の構造やオキシトシンとの関係から、特性が男の子に出やすいということも当然ありますが。

    基本的には、ママが『男の子』であるわが子を理解できない。というところが問題の中心になっている場合が多いです。

     

    そこで今回は、いわゆる発達障害がどんな物なのかを、これぐらいは理解していて欲しい!という入口だけお話します。

     

    クリックすると新しいウィンドウで開きます

    まずはASDから。

    ASDとは、以前はPDD、広汎性発達障害などと呼ばれていましたよね。特性がさまざまになってきたのでアスペルガー症候群などと大きくまとめてDSM-5からはASD、自閉症スペクトラム症と言われるようになりました。

     

    クリックすると新しいウィンドウで開きます

     

    PDD時代は、社会性の障害。コミュニケーションの障害。こだわりの障害と、よく三つ組みの障害、といっていましたが、これも現在はコミュニケーションの障害とこだわりの障害の2つになっています。

     

    コミュニケーションの障害もこだわりの障害も実はよく似た原因が考えられていて、どちらも『想像力が乏しい』という障害の特性があります。

     

    つまりコミュニケーション上では、字義通りに受け取ってしまうのです。例えば。

    Aくんが段ボール前に困っています。「カッター持ってない?」とAくんはBくんに尋ねました。

    Bくんは「持ってない。」と答えて、おもむろにカバンからハサミを持ちだし、自分の封筒を切り始めました。

     

     

    このようにBくんにとっては、「カッター持ってない?」の質問は、所有の確認なのでまじめに答えているのです。ただAくんからしてみるとなんだよ!ハサミもってるなら言えよ!とケンカになるわけです。

     

    このようなことが日常的に起きる。1つのことから、我々は複数のことを読み取りながらコミュニケーションを取るわけですが、なかなかそれが難しい子どもたち。毎日が大変なんです。わかってやってくださいね。

     

    また、同じじゃないと許せない。というつよいこだわりがパニックを生みます。特に小さい頃に強く出る傾向にありますが、仮に毎日、同じミッキーのコップを使っていたとして、その子にとってはコップ=ミッキーのやつ!という意識がすり込まれていれば、ある日、突然に違うコップに替えられたら、なんじゃこりゃー!もう一生、水が飲めないーー!となるわけです。

     

    よく似た形状だし、大丈夫でしょ?と安易に考えてはいけません。イメージ、想像力の乏しい彼らには大事(おおごと)なんです。

     

     

     

    ASD児への関わりポイント!

    1 言葉の裏にある心理の読み取りは難しい。気持ちや、するべきことは前後関係も含めて説明する。

     

    2 突然の変更はパニックを起こす。徐々に徐々に慣れさせる事が大切。でもパニックを恐れて変化を経験させないのもダメ。

     

     

     

    ADHD児について

    私は、彼らがもっとも誤解を受け、苦しんでいるのではないかと思っています。ADHD注意欠如・多動症とは、じっとしていられない。忘れっぽい。などの困り感があります。その原因は、脳の神経伝達物質の異常と考えられ、その調整薬を服薬することにより改善します。

    クリックすると新しいウィンドウで開きます

    ASDと違うのは、間違いがパターン化しないということとです。不注意や衝動性から間違えたり、失敗したりするので、なまじ出来る時があるものだから、親や先生から『もう!もっとよく見なさい!』とか『勉強に身が入っていない!』とか・・・散々、いわれ続けます。

     

    その結果、反抗挑戦性障害という二次障害を併発します。衝動的に、相手の嫌がるようなことをいってしまう。自分の意思とは関係なく反抗的な態度を取ってしまうのです。

     

    よく失敗の仕方をみてあげてください。テストの解答にうっかりミスが多い。漢字やひらがなが枠に入ったり入らなかったりする。こんな間違いが多い場合には、わかっているけど間違ってしまう。植木等状態にあるわけです。その子どもたちに繰り返す練習や読み書きの訓練をしても全く効果がないどころか自尊感情を下げ、二次障害を誘発するだけです。

     

    もう1つ忘れてはいけないのが不注意優勢型(旧ADD)についてです。ADHDときくと、バタバタとジッとしていられない子を想像しがちですが、実は、ゆっくりで先生のいっていることを聞き漏らす。集中力が続かず、外をぼーっと見ている。といった不注意優勢型の子も多くいます。

     

    しかしそれが、幼稚園や保育所だと、ちょっと大人しい子だ。という程度の認識で放置されてしまいます。小学校に上がって、あれ?全然ノートが取れていない。連絡帳が書けていない。などから難しさが発覚し、支援が後手後手にまわることがあります。幼稚園や保育園で問題ないですよといわれても、気をつけて見ておかなければなりません。

    ADHD児への関わりポイント

    1 理解出来ているが失敗することがある。静かな部屋で学習する、ミスしないためのメモの用意など、周辺の環境整備が重要。

     

    2 基本的な生活リズムを整え、必要に応じて服薬する。健全な体をつくり健全な精神状態を担保することが重要。

     

     

     

     

    LD(学習障害)について

    LDは、文部科学省の定義では、読む・書く。聞く・話す。計算する・推論する。のいずれかに困難さを示すとなっています。困難さとは、おおむね学年から1~2年程度の遅れとなっています。こうなると気になる子は全て、LDに該当してしまうのではないか?と否定的な意見もありますが、枠がないとサポートしない風潮にある、日本においては、あえて広くLDを捉えることで合理的配慮を行き届かせる狙いがあります。

     

    特に音読などにつまずきが出ることが多いです。これもただ単純な繰り返しでは、自尊感情を低下させるだけです。どこを読み間違っているのか、どのように間違っているのかをしっかりと考えてあげましょう。それは本人にはわかりません。丁寧なアセスメントが必要です。

    書きも同じですね。さきほどのADHDのようにバラバラに間違いがでるのか、パターンで間違いがでるのかチェックする必要があります。「よく見て!ていねいに書きなさい!」は禁句中の禁句です。

     

    計算も同じです。さくらんぼ算あたりから見立てができなくなり、指折り数えないとできない、つまり数字を順番に数えないと計算出来ないといったつまづきが出てきます。また文章問題は、まず読んで、イメージし、立式したのちに計算するといった複雑な思考をしなくてはなりません。これらのどこにつまずきがあるのかを丁寧にみる必要があります。くわしい先生が身近にいると本とはいいのですが・・・。

     

    LD児への関わりポイント

    1 どこをどのように間違っているのかの分析をていねいにする。できれば特別支援の専門的知識のある先生に相談する。繰り返しや本人の意識を高めるのは御法度!

     

    2 スリットを使う、指さしをする。問題を分解するなど具体的なサポートの徹底。みんなと同じ学び方にこだわる必要はない。タブレット等もフル活用しましょう。

     

    最後に、お詫びも兼ねて・・・。

    いつもながらの乱文をお許しください。また文字サイズや太字にする部分もバラバラです。これが私のADHD特性ですよね(笑)

    また次回以降、もっと詳しく特性にあわせた学習方法等ご紹介していきたいと思います。

    絶対に、『みんなと一緒』にこだわらないでください。『結果』にこだわりましょう。スポーツクラブも月額でダラダラ通うのではなく、個別指導で結果にコミットする時代です。

    我々も結果にこだわって、一人一人にオーダーメードで関わって行きたいと思います。

     

     

     

     

     

     

  • 2018年4月2日
  • 四国初開催‼ 徳島宇佐川研(発達障害臨床研究会)大成功‼

  • 開催についてのお礼

     

    ギフテッド・トレラグループ代表の新田です。
    3月31日、私が徳島開催の事務局として、念願であった四国初となります。徳島宇佐川研を無事開催する事ができました。

     

    年度末であり、桜舞い散る、まさに春爛漫という気候の中、はたして7時間もある研修にどれだけの先生方が来られるのかと不安でおりました。

     

    それが予想を大きく上回り約50名近くの方々にご参加いただきました。」

    改めまして心より、御礼を申し上げます。

     

    徳島宇佐川研?そもそも宇佐川研とは。

     

    宇佐川研とは、淑徳大学で教鞭をとられていた故・宇佐川浩先生の『感覚と運動の高次化理論』をベースに、子どもの現状を読み取り、実践に活かす研究会です。

     

     

    本来、東京では、ケーススタディーを中心とした、宇佐川研(発達障害臨床研究会)と、終日講義を受ける、実践研(発達療育実践研究会)と二つの研究会をしています。

     

     

    それを地方ではセットにし、午前中は第1回は触覚防衛や基礎感覚の重要性について、第2回は平衡感覚、第3回は固有覚。と実践研のように学び、午後からケーススタディーをするという贅沢な構成です。

     

     

    今回は、宇佐川研の現代表でありながら現役の教員?現役の教員でありながら研究会の現代表?どちらにせよ、私からするとスーパースターで雲の上の存在であります、植竹代表にご来県いただいて、子どもの成長にとって最も大切な基礎感覚、特に触覚防衛を中心にお話しいただきました。

     

     

    『原始系の反応を、しっかりと識別系の機能がコントロールしないと、いつどこでなにが起きるかわかんないから不安でパニックになるんですよ』という先生の話に参加者から、『なるほど!』の連発。

     

    終了後、参加者の方から

    『自閉症児を担当していますが、すべて問題行動の原因は全てこだわりだと、決めつけていました。触覚防衛、聴覚防衛をはやく取り除いてあげたいです』とおっしゃっていただきました。

     

    植竹先生はよく、『はやく全国に触覚防衛を取れる、その理解がある先生を増やしたい。』とおっしゃいます。

    私、個人もそうなりたいですし、知識があればそんなに難しいことではありません。ってまだまだですけどね。

    しかし、本当にたくさんのご参加本当にありがとうございました。

     

    第2回、平衡感覚!開催について

     

    次回は、個人的には一番重要だと思う、平衡感覚(前庭感覚)についてです。開催日時等は詳細決まっていませんが、過去の地方宇佐川研は3~4ヶ月に一度ペースですので、7月か?8月か??

    第1回に参加出来なかった方も安心してご参加ください。どの地方での宇佐川研も噂を聞いて第2回、第3回と増えていっているようですが、全般的に復習で植竹先生が丁寧に教えてくださいますので大丈夫です。

    ちなみに今回もちょっと平衡感覚、固有覚に対するアプローチについて弊社スタッフ森田くんをモデルにしてくださいました♪

     

    第2回、第3回とそれぞれこの辺をがっつりご指導いただきます。

     

    みなさん正式な案内をまたお送りしますので、ぜひ宇佐川研LINE@をご登録いただき、お待ちいただければと思います。LINE@が一番早く情報解禁されますので!

     

    よろしくお願いいたします。